草加松原ロータリークラブメインイメージ トップページ - 草加松原ロータリークラブ

2018-2019年度 会長挨拶

2018—2019年度 草加松原ロータリークラブ会長 森 勇一
2018-2019年度
草加松原ロータリークラブ会長
森 勇一
2018—2019年度 草加松原ロータリークラブ幹事 二階堂 祐司
2018-2019年度
草加松原ロータリークラブ幹事
二階堂 祐司
2018-2019年度 クラブ活動方針

クラブテーマ
『生成発展、何か大きな変化を生み出そう』

2018‐19年度、RI会長バリー・ラシン会長は、
今年度テーマ「Be the Inspiration (インスピレーションになろう)」と発表しました。
そして、RI会長テーマに基づいて、第2770地区中川高志ガバナーは、地区の運営方針を「すべてはクラブ活性化のために-実り豊かな奉仕を目指して-」としました。
良い世界をつくるため私たちに必要なのは私たち自身が奮い立つことです。
私たちの仕事はロータリアン全員が「変化を生み出だそう」という意欲に芽生えて、もっと何かをしよう、可能性を最大限に発揮しようというやる気を引き出し、それぞれのやり方で前進できるよう手助けすることです。
また、昨年度からの取り組みである地球規模での環境保護問題への活動も継続していきたいと思います。
ロータリーの奉仕の理念をもう一度見つめなおし、楽しいクラブ運営をしたいと考えます。たくさんの仲間を増やして、充実した実りあるロータリーライフを過ごしましょう。
1年間、宜しくお願い申し上げます。

ロータリークラブとは

ロータリークラブとは 1905年、アメリカ・シカゴに最初のクラブが誕生。メンバーはクラブにおいて1業種1人が原則であったが、現在その縛りは緩められている。輪番・回転にちなみ、6本スポークの歯車がシンボルマーク(エンブレム)である。
「国際ロータリー」は世界初の奉仕クラブ団体であり、200以上の国と地域に33,000近くのクラブを擁し、会員数は120万人以上である。
職業奉仕(会員の職業倫理を高めること)と、そこから広がる社会奉仕と国際親善を目的とする。基本的には「I serve: 私は奉仕する」、クラブとは「奉仕をするクラブ会員であるロータリアン個人の集まり」であり、国際ロータリーはそのクラブの連合体とされているが、個人のみならずクラブ単位や国際ロータリーとしての奉仕プログラムも行われている。ロータリークラブ活動の特色として、各クラブごとに、独自の事務局を持ち自主独立運営が行われ、奉仕活動、寄付行為、会員の交流、友好事業等がなされている。

黄色いハンカチ運動

黄色いハンカチ運動 黄色いハンカチは、障害者、何らかの持病がある方、高齢者が、誰でも外出先で発作などに襲われて声を出せない時、手を貸してください、という合図の印なのです。路上などで黄色いハンカチを振っている人を見かけたら、「どうしました?」と声をかけて、必要に応じてすぐに救急車を呼んでください。NPO法人「黄色いハンカチ推進本部」は一般の人々にそれを知ってもらうために活動しています。この活動は、35歳の時、重度の心臓病に冒された宇野弘信(2005年2月没)が、その体験から1988年4月にスタートさせたもので、「誰もが安心して歩ける世界にしたい」をモットーにしています。

国際奉仕活動 2017—2018年度

国際奉仕活動 2017—2018年度 2年前より始めたフィリピンへの国際奉仕の継続を引き続き行いました。本年度は、昨年訪問させて頂きましたマリキーナイーストRCと共に2年連続してマリキーナ・コンセプション小学校へ訪問をし、トイレの配管補修や衛生整備を行います。これを機会にマリキーナイーストRCとの姉妹ロータリーを視野に入れた、本格的な国際奉仕を模索していきます。

コンセプション小学校の子供達とマリキーナイーストロータリークラブとの交流

ロータリー:インスピレーションになろう

国際ロータリー 2018-2019 テーマ
「BE THE INSPIRATION」
(インスピレーションになろう)

RI会長 イアン H.S. ライズリー

週報

活動アルバム

国際ロータリー
国際ロータリー第2770地区